1. ホーム
  2. 産後抜け毛対策
  3. ≫産後抜け毛には大豆イソフラボンが含まれた食べ物が効果的!

産後抜け毛には大豆イソフラボンが含まれた食べ物が効果的!

産後抜け毛に効く大豆イソフラボン
女性の抜け毛の原因は、生活習慣の乱れやストレス、ホルモンバランスの変化によるものです。特に産後抜け毛は、妊娠出産によって女性ホルモンが大きく変化してバランスを崩すことに影響しています。

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあり、「女性らしさ」のためにはそれぞれがバランス良く保たれている必用があります。また、エストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、妊娠中に増加して産後急激に減少することで産後抜け毛を引き起こすと言われています。

そんな中で、イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれるポリフェノールの一種でエストロゲンと似た働きをすることで注目されていています。

イソフラボンには女性らしい体づくりや美白作用、体の保湿性を高めるなどの美容効果があり、女性にとって嬉しい作用が山盛りです。イソフラボンを摂取することは女性ホルモンのバランスを取り戻す手出すけとなり、産後抜け毛の改善と予防にも期待が持てます。

イソフラボンが含まれる食べ物

大豆イソフラボンが多く含まれる食べ物
イソフラボンは日本人が昔から好んで食している大豆食品に多く含まれていますので、普段の食事から気軽に取り入れることができます。

1日の摂取量目安は40~50mgとされていて、これを食品に換算すると納豆1パック、豆腐1/2丁、油揚げ1/2枚くらいになります。

他にも食卓に上がりやすい煮豆やきな粉、豆乳、味噌や醤油といった食品にも多く含まれていて、毎朝の食事を和食中心にするだけでも、十分な量のイソフラボンを摂取することができます。

イソフラボンの危険性と過剰摂取について

イソフラボンの過剰摂取とリスクについて
まずイソフラボンの危険性についてですが、これに関しては大豆アレルギーがある場合を除けば特に気になる副作用は報告されていません。ただし体に良さそうだからといって摂取のし過ぎは逆効果になりますので、注意が必要です。

食品安全委員会のまとめによると、イソフラボンの1日の摂取量目安の上限は70~75mgで、そのうち特定保険用食品やサプリメントでとる場合は1日30mgまでとされています。

イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスを崩してしまったり、乳がん発症や再発、月経不順、子宮内膜症のリスクを高める可能性があります。

人間の胎児や新生児に与える影響はまだはっきりとはされていませんが、動物を使った実験において卵巣や精巣などの生殖器官への悪影響が報告されているそうです。

普段の食事に上乗せして、特定保険用食品やサプリメントでイソフラボンを摂取する場合のみ、過剰摂取にならないように十分に注意して頂ければと思います。特に妊娠・授乳中の女性や、乳幼児、小児が特定保険用食品やサプリメントを摂取することは推奨されていません。

イソフラボンは髪の成長を促す植物性エストロゲンを多く含み、女性ホルモンのバランスを取り戻す手助けとなって産後抜け毛の予防改善も期待できる成分なので、上手に取り入れていきたい成分ですが、過剰摂取にならないよう、特定保険用食品やサプリメントからではなく、普段の食事から健康的に摂取するようにしましょう。

イソフラボンを摂取するだけで産後抜け毛は治るのか?

大豆イソフラボンだけで産後抜け毛は治るのか
ここまで大豆イソフラボンで産後抜け毛を対策することに関して説明してきましたが、ぶっちゃけ大豆製品を食べるだけで産後抜け毛が治るのか疑問に思っている人もいると思います。

先に結論から言いますと、食べ物から髪に良い成分を摂取する対策だけでは、改善するまでにかなりの時間が必要になります。具体的に言いますと、大豆イソフラボンの摂取しか対策をしなかった場合は、抜け毛の改善までに半年以上掛かると思って下さい。

もちろん、やらないよりはやった方がいいのは間違いありませんが、食生活の改善だけではこの程度の効果しかありません。

身体の構造上、食べ物から栄養を摂った場合、内蔵や筋肉、骨などを優先してしまうので、髪に届くのは最後の最後になってしまうからです。これは大豆イソフラボンだけの話ではなくて、育毛サプリなどでも同様のことが言えます。

イソフラボンの摂取と併用したい抜け毛対策

大豆イソフラボンの摂取は身体の中からの対策になりますので、これと併用して頂きたいのが身体の外からの対策です。

身体の外からの対策には、頭皮の化粧水や育毛シャンプー、育毛剤などがあると思いますが、私なら効果が実感しやすい育毛剤をおすすめします。

化粧水や育毛シャンプーを使うことも頭皮環境の改善という意味ではいいことですが、発毛成分が含まれている育毛剤には絶対に勝てません。同じようにコストが掛かることを考えれば、育毛剤が1番費用対効果が高い対策と言えるでしょう。

大豆イソフラボンの摂取と併用して行えば、身体の中と外の両方から改善していくことになるので、産後抜け毛を改善するスピードも格段に早くなります。

もちろん、今までに育毛剤を使う機会がなかった人からすると、多少抵抗があるのもわかりますが、薄くなった髪を気にして毎日を過ごすよりは確実にいいと思うので、育毛剤の併用も検討してみてはいかがでしょうか?

産後育毛剤の効果ガイド|絶対に失敗しない5つのポイント!

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。