1. ホーム
  2. 産後抜け毛対策
  3. ≫産後抜け毛用の育毛剤は「医薬品」と「医薬部外品」どっちがいいの?

産後抜け毛用の育毛剤は「医薬品」と「医薬部外品」どっちがいいの?

産後抜け毛用の育毛剤は医薬品と医薬部外品どっちがいい?

医薬品と医薬部外品って何が違うのかしら・・・

薬局とかでよく目にする言葉だけど、違いなんてわかんないよね。

ドラックストアで薬のパッケージなどを見たときに、医薬品や医薬部外品といった言葉を目にしたことがある方はたくさんいると思います。

でもこの2つの違い、知っていそうで意外とよく知らない方も多いのではないでしょうか?

例えば栄養ドリンクを1本買おうとした時でも、もともと沢山の種類があって迷ってしまうのに、1つ1つよく見ると医薬品とか医薬部外品とか書かれていて違いもよくわからなくてさらに迷ってしまった、なんてことはありませんか?医薬品の方が「薬」のイメージがあるし、効きそうだから、と何となく選んでしまったり・・・。

育毛剤にも沢山の種類がありますし、もちろんその中には医薬品と医薬部外品があります。産後は自分の体にも赤ちゃんへの影響にも色々と不安があって「薬」を使うことにとても慎重になりますよね。今回は正しい産後育毛剤選びのためにも医薬品と医薬部外品のことを少し考えてみましょう。

医薬品と医薬部外品は何が違うの?

医薬品と医薬部外品の違い
医薬品は厚生労働省行政によって、その効果・副作用・安全性が認められたもので、ドラッグストアで扱われていて誰でも簡単に購入できる市販薬と医師による処方が必要な処方薬があります。

配合成分・容量が明確で、用法容量がきちんと決まっており、医療機関で厳しい臨床試験をされているので治療効果が高いことはメリットと言えますが、医薬品は「副作用」が高く、使うのをやめると症状が再発する可能性もあります。

当然、副作用によって妊娠や授乳に悪影響がでるものもありますので、医薬品の育毛剤を利用する場合は必ず医師または薬剤師に相談してからの方がよいでしょう。

一方、医薬部外品はドラッグストアや通販で誰でも簡単に購入できます。医薬品に比べて効き目は穏やかで効果を実感するまでに少し時間はかかりますが、副作用が少なく症状に合わせて自分で選ぶことができます。

ちなみに医薬品・医薬部外品と同じようによく耳にする言葉に、「薬用」がありますが、医薬部外品と大きな違いはなく、表記をわかりやすくしただけの医薬部外品と思って大丈夫です。

産後に使うならどっちを選べばいいの?

とにかく沢山の種類がある育毛剤の中から自分に合ったものを選ぶのは少し大変そうと思うかもしれませんので、産後抜け毛用の育毛剤選びについてポイントをまとめておきます。

まず先に結論から言いますと、副作用が少なく安心して継続利用ができる「医薬部外品(薬用)」の育毛剤を選びましょう。

産後はとても敏感な時期になるので、副作用のリスクは極力下げた方がいいです。効果の強さを求めて「医薬品」の育毛剤を使っても、副作用が出てしまっては意味がありません。

また、医薬部外品(薬用)の育毛剤でも一般女性向けの育毛剤ではなく、妊娠出産によるホルモンバランスの変化から起こる抜け毛や薄毛にきちんと着目して考えられた産後抜け毛に効果的な育毛剤であることが重要です。

産後育毛剤の選び方や効果に関する詳しい情報はこちらの記事でもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。
産後育毛剤の効果ガイド|絶対に失敗しない5つのポイント!

意外と知らない話ばかりだったけど、勉強になったわ。

産後抜け毛は医薬部外品の育毛剤でゆっくり対策することが大切ってことだね。

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。