1. ホーム
  2. 産後抜け毛対策
  3. ≫産後抜け毛に「亜鉛」がいいってホント!?

産後抜け毛に「亜鉛」がいいってホント!?

産後抜け毛に効果的な亜鉛女性の抜け毛の原因は、ホルモンバランスの変化や生活習慣の乱れ、ストレスが大きく影響しています。

抜け毛の対策と予防には早寝早起きを心掛けて、栄養バランスを考えた食事をきちんと摂り、ストレスを感じない生活をすることがとても大切です。まずは日常生活を見直したり出来ることから試してみましょう。

特におすすめしたいのが「亜鉛」の摂取です。

亜鉛は抜け毛予防に関係があると注目されているミネラルの1つで、細胞の新陳代謝を高める作用があります。

髪がタンパク質からできていることは知っている人も多いと思いますが、タンパク質を骨・筋肉・髪の毛などの組織に変えるには亜鉛が不可欠なことも知っていましたか?

厚生労働省によると、成人女性は1日に8mgの亜鉛を摂取することを推奨しています。

しかし、亜鉛は中々体内に溜め込むことができない物質で、ストレスや運動の影響を受けて次々排出されてしまいます。そして、亜鉛が不足しがちになると、全身の細胞の新陳代謝が弱まって細胞の老化が起こります。

亜鉛不足は老化の原因にもなるの!?そんなの絶対イヤよ!

だからこそ、意識的に摂取しないとダメなの!

この老化によって一番影響を受けやすいのが、実は髪の毛なんです。良質なタンパク質をミネラルと合わせて摂ることは髪にとても大切ですから、亜鉛は積極的に食事に取り入れていきたいですね。

亜鉛を効率的に摂取できる食べ物

亜鉛が多く含まれる食べ物
亜鉛は加熱しても壊れにくく、クエン酸やビタミンCと一緒に摂ることで吸収率を高めることもできるので、様々な食品から取り入れることができます。亜鉛をもっとも多く含む食材で有名なのは牡蠣ですが、以下の食品もおススメです。

  • しじみ
  • 納豆
  • レバー
  • 赤みの肉
  • ゴマ
  • 豆腐
  • チーズ
  • 小麦

特に納豆や豆腐に関しては、髪に良いと言われる大豆イソフラボンも含まれているので、抜け毛対策には一石二鳥の食べ物と言えます。

産後抜け毛には大豆イソフラボンが含まれた食べ物が効果的!

牡蠣を毎日食べるのは難しいけど、納豆ならいけるかも!

産後抜け毛は亜鉛を摂取すれば治る?

亜鉛の摂取について、厚生労働省の推奨によると妊婦は+2mg、授乳期は+3mgの付加量があります。

特にストレスが多く、食生活も乱れがちな産後ママは亜鉛不足になりやすく、ホルモンバランスの乱れと共に産後抜け毛を酷くしてしまうのです。

ただし、亜鉛は過剰摂取により胃痛、めまい、嘔吐、鉄・銅の欠乏症を引き起こすことがありますので摂りすぎには注意してくださいね。食べ物だけで過剰摂取になることは稀ですが、サプリを併用したりする場合はきちんと1日の最大摂取量を守る必要があります。

亜鉛の摂取を心掛けるのは髪に良いことですが、あくまでも髪に良い栄養成分を摂っているだけなので、それだけでは髪を取り戻せないことも知っておいてほしいところです。

亜鉛の摂取と同時にやって欲しいこと

頭皮に直接作用する対策亜鉛の摂取で髪にいい成分を体内に取り入れたら、次は頭皮にも栄養を与えてあげてください。

皆さんも薄々感じていると思いますが、食生活を見直すだけでは薄毛や抜け毛を改善するのは難しいです。私たちの身体は内蔵や血、骨などに優先的に栄養を送るようにできているので、食べ物やサプリによる栄養は中々髪まで届きません。

だからこそ、同時に育毛剤を使って頭皮に直接栄養を与えてあげる必要があるんです。

私も最初は育毛剤なんて使わなくても、そのうち治ると信じていましたが、産後抜け毛は予想以上に強敵でした。結局、半年を過ぎたあたりから食生活の改善+育毛剤を使うようになって、1年後には元に戻りましたが、ここに来て頂いた皆さんには遠回りをして欲しくないんです。

特に産後抜け毛の対策は早く取りかかれば、半年ぐらいで元に戻せるので、食生活の改善と並行して育毛剤を使うことも検討してみてください。

1年後に後悔しない為にも今できることを全力でやってみましょう!
産後育毛剤の効果ガイド|絶対に失敗しない5つのポイント!

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。